看護師 准看護師 保健師 助産師 看護職賠償責任保険

看護師・准看護師・保健師・助産師の方の業務の遂行に起因して事故が発生した場合に、当該看護職の方が法律上の賠償責任を負担することによって被る損害を補償します。
・ご加入いただけるのは上記資格をお持ちの方に限ります。
・傷害総合保険とセット販売のみで単品のお取扱はありません。
セット販売の詳細はこちら »

※業務とは、保健師助産師看護師法に定められた業務および介護業務(身体上または精神上の障害があることにより日常生活を営むのに支障がある者に対して行われる入浴、排泄、食事等の介護業務)をいいます。

補償内容

補償 お支払いの対象となる事故 お支払いする保険金の種類
2対人
(基本補償)
看護業務に起因して第三者の身体に障害を与え、法律上の賠償責任を負った場合 損害賠償金(対人)
被害者の治療費・慰謝料・休業補償費 等
 費訴
 用訟
 やに
 弁な
 護っ
 士た
 報場
 酬合



2対物
(基本補償)
看護業務に起因して第三者の財物に損害を与え、法律上の賠償責任を負った場合 損害賠償金(対物)
修理費 等
3受託財物
(基本補償)
患者の所持品<メガネ・入歯など>を預かった際に落として壊してしまったような場合 損害賠償金(対物)
修理費 等
4人格権侵害
(オプション)
患者の個人情報を不当に漏洩して、本人・家族から名誉毀損で訴えられたような場合 人格権侵害に対する慰謝料
5初期対応費用
(オプション)
事故発生時に迅速な対応を必要とするような場合(事故発生時の通信費用など) 事故現場の保存費用・事故発生時の通信費用 等  
6見舞金・見舞品
(オプション)
身体傷害発生時(死亡または8日以上の入院)において社会通念上妥当な範囲の見舞費用を看護職が負担した場合 身体事故の場合見舞金・見舞品  

(注)
お支払対象の事故が起こった場合、法律上の賠償責任においては共同不法行為者として損害額の一部または全部の責任を負う場合がありますが、本保険では看護職個人の帰責割合に応じた金額のみをお支払いすることとなります。また、病院または医師が加入されている医師賠償責任保険のお支払い対象となる場合には、医師賠償責任保険が優先して適用されます。


★他にオプション(追加保険料必要)として、以下の業務に対する補償もご用意できます。

6介護支援専門員業務(ケアマネジャー資格がある場合) 介護支援専門員としての業務において第三者の身体に障害を与えた場合または第三者の財物・受託財物に損害を与えた場合(付帯された上記オプションの内容についても担保)およびケアプランの作成などの業務における過失により、要介護者に経済損失が発生し、その賠償を請求された場合

保険金をお支払いできない主な場合

  • (1)故意により引き起こされた事故に起因する賠償責任
  • (2)業務の結果を保証することにより加重された賠償責任
  • (3)保健師助産師看護師法の規定に違反して行った業務に起因する賠償責任
  • (4)海外での医療行為に起因する賠償責任
  • (5)所有、使用または管理する財物(業務対象者からの受託物を除きます。)に対する賠償責任
  • (6)戦争・変乱・暴動・労働争議、地震・噴火・津波・洪水などの天災
  • など

看護職賠償責任保険ご契約コース

看護職賠償責任保険契約は傷害総合保険とセット販売になります。
単品でのお取扱はありませんので、ご了承下さい。

■各契約コース
補償内容 Aコース Bコース Cコース











対人賠償 1事故 5,000万円
保険期間中 1億5,000万円
対物賠償
(受託・管理財物を含む)
1事故 20万円




人格権侵害 1事故 100万円
保険期間中 500万円
初期対応費用 1事故 300万円(初期対応)
見舞金・見舞品 1事故 3万円(見舞金・見舞品)








死亡・後遺 122万円 144万円 155.5万円
入院日額 1,200円 1,300円 1,500円
通院日額 700円 800円 1,000円




傷害医療(免責0円) - 50万円 50万円
被害事故補償 - 1,000万円 1,000万円
個人賠償責任(免責0円) - 1,500万円 1,500万円
介護年額 - - 200万円
携行品(免責3000円) - - 30万円
保険料 10,000円 15,000円 20,000円
■傷害総合保険補償内容詳細
死亡保険金 ケガにより事故の発生の日からその日を含めて180日以内に死亡された場合に、死亡・後遺障害保険金額の全額をお支払いします。
(注)同一保険年度内の事故により、既にお支払いした後遺障害保険金がある場合には、死亡・後遺障害保険金額から既にお支払いした金額を控除した額をお支払いします。
後遺障害保険金 ケガにより事故の発生の日からその日を含めて180日以内に、後遺障害が生じた場合に、〔死亡・後遺障害保険金額×保険金支払割合※〕をお支払いします。 ※後遺障害の程度に応じて定める保険金支払割合(4%~100%)
(注1)お支払いする保険金は、同一保険年度を通じて合算し、死亡・後遺障害保険金額が限度となります。
(注2)既に後遺障害のある被保険者がケガによりその程度を加重された場合には、既にあった後遺障害の保険金支払割合を控除して保険金をお支払いする場合があります。
入院保険金 ケガにより平常の業務に従事することまたは平常の生活ができなくなり、かつ、事故の発生の日からその日を含めて180日以内に入院された場合(入院に準じた状態の場合を含みます。)に、〔入院保険金日額×入院日数〕をお支払いします。ただし、事故の発生の日からその日を含めて180日以内の入院に限ります。
手術保険金 入院保険金が支払われる場合において、そのケガの治療のため、手術を受けられた場合に、〔入院保険金日額×倍率※〕をお支払いします。ただし、1事故につき事故の発生の日からその日を含めて180日以内の手術1回に限ります。
※手術の種類に応じて定める倍率(10倍・20倍・40倍)
通院保険金 ケガにより平常の業務に従事することまたは平常の生活に支障が生じ、かつ、事故の発生の日からその日を含めて180日以内に通院(往診を含みます。)された場合に、〔通院保険金日額×通院日数〕をお支払いします。ただし、事故の発生の日からその日を含めて180日以内の通院に限り、90日を限度とします。また、平常の業務または生活に支障がない程度に回復された時以降の通院に対しては保険金をお支払しません。
傷害医療費用保険金 ケガにより医師の治療を受けられた場合に、事故の発生の日からその日を含めて180日以内の公的器量保険制度等を利用された期間に実際に負担された費用※を、1事故につき傷害医療費用保険金額を上限にお支払します。 ※公的医療保険制度等の一部負担金額、医師の指示により特別の療養環境の病室に入院された場合の差額ベッド代、入退院にか係わる交通費など。ただし、平常の業務または生活に支障がない低緯度に回復されるまでに要した費用に限ります。 また、公的医療保険制度等から別途還付される「高額医療費」「附加給付」、第三者から賠償金等他にある場合は、その額を差し引きます。
被害事故補償特約 犯罪やひき逃げにより、死亡、後遺障害またはケガをされた場合に、逸失利益、慰謝料および治療費などの実際の損害額をお支払します。ただし、加害者などから得た賠償金や公的医療保険制度などによる給付金などがある場合はそれらを差し引いてお支払いします。
個人賠償責任特約 国内・海外を問わず、他人にケガをさせたり、他人の物を壊して、法律上の賠償責任を負わされた場合に、保険金をお支払いします。 誤って、ベランダから植木鉢を落とし、通行人にケガをさせた。 駐車中の車に誤って自転車でぶつかり、破損させた。
介護保険金 ケガにより事故の発生の日からその日を含めて180日以内に重度の後遺障害が生じ、医師の診断により介護が必要と認められる状態になられた場合に、事故の発生の日から181日目以降の介護を要する期間1年につき介護保険金年額をお支払いします。なお、介護を要する期間に1年未満の端日数がある場合は、1年を365日とした日割計算によりお支払いします。
携行品特約 国内・海外を問わず、住宅外で携行している身の回り品に偶然な事故により損害が発生した場合に、保険金をお支払いします。
■オプションプラン

更に、『所得補償保険』をオプションで付ける事もできます。  補償内容の詳細はこちら »


専門スタッフが親切丁寧に対応致します。