歯科医師 歯科病院経営者 歯科医師賠償責任保険

保険金をお支払いする場合

(1)医療上の事故(医師特別約款で担保します。)
歯科医師やその補助者の歯科医療行為が原因で、患者が死亡したり、後遺障害が発生したり、患者の身体の具合が悪くなった場合に、歯科診療所の開設者や歯科医師が法律上の損害賠償責任を負担することによって被る損害に対して、免責金額(自己負担額)を差し引いた額を、契約されたてん補限度額の範囲内で保険金としてお支払いします。

(2)建物や設備の使用・管理上の事故(医療施設特別約款で担保します。)
建物・設備の欠陥や医療業務以外の業務の遂行によって他人の身体の障害や財物の損壊が発生した場合に、歯科診療所の開設者が法律上の損害賠償責任を負担することによっ被る損害に対して、免責金額(自己負担額)を差し引いた額を、契約されたてん補限度額の範囲内で保険金としてお支払いします。

お支払いする保険金

  • (1)損害賠償金
  • (2)賠償責任に関する訴訟費用・弁護士費用
  • (3)求償権の保全・行使等の費用
  • (4)事故発生時の応急手当等の緊急措置費用
  • (5)引受保険会社の要求に伴う協力費用
  • *(1)(2)については、支出前に引受保険会社の同意が必要となりますのでご注意下さい。

被保険者

事故が起こった場合に保険のカバーを受けられる方のことを「被保険者」といいます。この保険の被保険者は以下のとおりとなります。
(1)医師特別約款
歯科診療所の開設者または歯科診療所に勤務する医師となります。
(2)医療施設特別約款
歯科診療所の開設者となります。
*必ず医師特別約款とセットでご契約いただきます。
*勤務医師は加入できません。

保険金をお支払いできない主な場合

次のような場合には保険金をお支払いできませんのでご注意下さい。

  • 【医師特別約款・医療施設特別約款共通の免責事由】
  • 保険契約者・被保険者の 故意によって生じた事故
  • 戦争、変乱、暴動、騒じょう、労働争議による事故
  • 地震、噴火、洪水、津波等の天災による事故
  • 他人との特別な約定によって加重された賠償責任
  • 被保険者の同居の親族に対する賠償責任
  • 使用人の業務災害                  等
  • 【医師特別約款に適用される免責事由】
  • 日本国外で行われた医療行為によって生じた事故
  • 名誉き損、秘密漏えい
  • 美容を唯一の目的とする歯科医療行為によって生じた事故
  • 医療の結果を保証することにより加重された賠償責任
  • 所定の免許を有しない者が遂行した医療行為によって生じた事故
  • 自動車、船舶、航空機の所有、使用または管理に起因して生じた事故    等
  • 【医療施設特別約款に適用される免責事由】
  • 医療業務によって患者に生じた身体障害(医師特別約款の対象になります)
  • 診療所の新築、改築等の工事に起因して生じた事故
  • 自動車、航空機、施設外の船舶に起因して生じた事故
  • 故意または重大な過失により法令に違反して生産・販売した食品・商品等によって生じた事故
  • 他人から賃借したり預かったりしている財物の損壊事故          等
  • *詳細は約款の免責事由等をご参照ください。

その他

(1)医療上の事故(医師特別約款)
この保険で保険金をお支払いできるのは、患者の身体の障害がご契約期間(保険期間)中に発見された場合に限ります。
(2)建物や設備の使用・管理上の事故(医療施設特別約款)
この保険で保険金をお支払いできるのは、他人の身体の障害・財物の損壊がご契約期間(保険期間)中に発生した場合に限ります。

契約種類と保険料(保険料一時払いの場合) a-tn-2109

■歯科医師(診療所)用
契約種類 てん補限度額
医療上の事故 建物・設備の使用・管理上の事故 保険料
1施設につき
1年間につき
対人 対人 対物 免責金額
1事故につき 1年間につき 1名につき 1事故につき 1事故につき
A 5,000万円 15,000万円 5,000万円 10,000万円 500万円 1,000円 6,280円
■勤務医用

開設者でなく、勤務医の皆様にこの保険にご加入いただく場合の契約種類と保険料は次のとおりです。

契約種類 てん補限度額 保険料
1名あたり
1年間につき
対人
1事故につき 1年間につき
B 10,000万円 30,000万円 6,760円
(注)この契約は医療上の事故だけを対象とします。

■オプションプラン

更に、『所得補償保険』をオプションで付ける事もできます。補償内容の詳細はこちら »

専門スタッフが親切丁寧に対応致します。